読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

365歩のMarch♪

今の自分にふさわしい未来がやってくる。

  筑波大開発のロボットスーツ実用化へ

にゅーす


 筑波大学が開発した、手足の力を増強するロボットスーツ「HAL」が、国内外で評判となり、実用化されることになった。
来年には茨城県つくば市内に生産工場を開設し、量産体制に入る。

 「HAL」は、装着した人が筋肉を動かす時に出る微弱な電気を感知、体の動きに合わせてモーターも動く。
女性や非力な人でも70〜80キロ・グラムの人や物体を抱えあげ、100キロ・グラム以上の荷物を背負うことができる。
足の不自由な人の歩行補助やリハビリ、介護、工場労働、災害救助など幅広い応用が期待されている。

 開発者の山海嘉之・同大教授によると、問い合わせが400件以上に達したため、量産化を決めた。

読売新聞) - 10月29日9時36分更新


おおぉ。

これぞMobile Suit。

いつの日かこれを来て仕事をするPTが現れたりするのだろうか。

なんかヤだけど。

この技術をアレンジして、片麻痺の人に装着させ、動作をさせたら、少しは機能は改善されないのかしら。

いや暴論だとは思うけど、利用の仕方によっては変化を起こせるんじゃなかろうか。

あと、犯罪に利用されたらどうやって太刀打ちするんだろう。

暴れられたら勝てないよなぁ。


                                                        • -