読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

365歩のMarch♪

今の自分にふさわしい未来がやってくる。

運動で「善玉」コレステロールが増加


提供:WebMD

運動は短時間よりも長時間のほうが効果が高い



【5月29日】有酸素運動にはHDL(「善玉」)コレステロール値を上昇させるという健康効果もあるようである。

しかし、短時間の運動では十分な効果が得られない可能性がある。

HDLを増加させるには、ウォーキングやサイクリング、水泳などの有酸素運動を週に2時間以上、できれば1回あたり30分以上かけて行う必要があるようである。

この新規研究レビューの結果は『Archives of Internal Medicine』5月28日号に掲載されている。

児玉暁, MDをはじめ、東京大学などの研究員で構成されたレビュアーらは、有酸素運動HDLコレステロールに関する25件の研究のデータをプール解析した。

この25件の研究には延べ約1,400人の成人が組み入れられており、有酸素運動を8週間以上行う群に割り付けられていた被験者もいた。被験者には食事療法の指導は行われていなかった。

平均すると、被験者は週に約4回、1回あたり約40分の運動を行っていた。

HDLコレステロールの増加

週に2時間以上の有酸素運動を行っていた被験者では、HDLコレステロールの値にわずかな増加が認められた。

LDL(「悪玉」)コレステロールとは異なり、HDL(「善玉」)コレステロールの増加は心臓に良いと考えられている。

別の研究から、HDLコレステロール値の増加は男性の心疾患リスクの5%低下、女性の心疾患リスクの7%以上の低下に相当するとレビュアーらは推定している。

「このことは公衆衛生面でかなり重要であると思われる」と、児玉博士らは述べている。しかしながら、児玉博士らの研究グループによれば、運動はHDLコレステロール増加薬よりもHDL増加作用が弱いようである。

長時間の運動のほうが効果が高い

CDCは、中等度強度の運動を週に5日以上、1回あたり30分以上かけて行うことを推奨している。

しかし、運動に長い時間を割くのは難しいと感じている人は多い。そこで児玉博士らの研究グループは、短時間の運動を複数回行うことでHDLコレステロールを増加させることができるか検討した。

同研究グループは、HDLコレステロール値の改善には30分以上の運動が必要と結論した。しかしながら、この研究結果を検証するにはさらに研究を行う必要がある。

運動強度は今回の研究結果には影響を及ぼさなかった。すなわち、被験者が激しい運動を行ったかゆっくりとしたペースで運動したかは重要ではなかった。

HDLの増加が最も大きかったのは、非肥満者と総コレステロールが高値の人であった。しかし、こうした結果が得られた理由は明らかとはなっていない。

コレステロール値は 簡単な血液検査で調べることができるため、検査後に必要に応じてコレステロールプロファイルの改善計画を医師と協議すると良いであろう。