読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

365歩のMarch♪

今の自分にふさわしい未来がやってくる。

 診療報酬に成果主義導入・厚労省方針、まずリハビリ病棟で

にゅーす

 


厚生労働省は医師の医療行為に払う診療報酬に、初めて成果主義を導入する方針を固めた。

まず病状回復期のリハビリ病棟への報酬点数を、病状の改善度合いに応じて加減する。

11月にも中央社会保険医療協議会中医協)に具体的な検討を求める。

リハビリ病棟への入院患者を減らし、膨張する医療費を抑える狙いだ。ただ、改善度合いを評価する基準の策定や、誰が評価するかなどを巡って調整が難航する可能性もある。

 診療報酬は医療行為ごとに個別に点数が決まっており、病状の改善度合いを反映する仕組みにはなっていない。

医療費増に歯止めをかけるため、見直しに乗り出す。』



http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20071004AT3S2803803102007.html



何を持って改善度合いを測るのかとか

患者の負担が増大するであろうことは予想がつくとか

自分の立場を危うくするだろうとか

問題が多々あるのは検討がつく。

そんなことは重々承知のうえで


でも


でも


本来こうあるべきでしょ。


少しでもいい結果を出したいと

知恵を絞って

工夫する。

そんなん当たり前。



ルーチンを

ただ繰り返して

最もらしいこと言って

適当にお茶を濁す。


誰もが同じ対応で良い訳ない。


ふぅ。

考え出すと

物凄く

ストレス。