読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

365歩のMarch♪

今の自分にふさわしい未来がやってくる。


だからと言って

必ずしも

理学療法士としての成功が

自分の幸せとは限らない。


資格を取ったが為に

理学療法士というレッテルを貼った自分

という立脚地から

自身を省みてはいるが

それが全てではない。


自分の大切な一部であるものの

それだけではない。


むしろ

その他の要素の方が

多かったりもする様な気がする。


これが

excuseだと言われてしまえば

そうなのかもしれないが

かと言って

これは事実だ。


自分自身にとっての幸せは何なのか。

自分にとって

出会うべきものが出会った状態

仕合わした状態

とは何か。



そういう基準で考えても良いのだ

と思う。


たまたま

その状態の一つが

理学療法士という

職に就くことだっただけ。