読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

365歩のMarch♪

今の自分にふさわしい未来がやってくる。



新しく

投資に関して

記事を書くことにする。


と言っても

個人的な経験による

雑感。

専門的なことを書くつもりはないけど

実感したことを書く。

教科書に書いてあったけど

自分が体験してみて

腑に落ちたことが幾つかある。



さて

ともかく

今日

13年ぶりの下げ幅を記録した日に

保有していた株を

買い増しした。


これだけ日経平均が上がっても

なかなか値上がりしなかった保有株が

ここ数日上がりだした。

それを見て

やはり順番というものがあるのだ

ということをなんとなく感じた。

業種

知名度

などなど。


上がりだした

と言っても

購入単価よりも

まだまだ低く

買い増しすることにより

含み損を減らすため。


結局

株で負けないためには

たとえ相場が下落しても

買い増しすることで

平均購入単価を下げ

含み損を減らすことなのだろうと思う。

損切りももちろん大事だが

会社が潰れない限り

平均購入単価を下げることは

一つの方法だろう。


そして

重要なのは

そのためには

買い増しできるだけの

余裕資金がなければならない。

貯金が必要であり

そのために

しっかり稼ぐことのできる

仕事をしなければならない。

スゴイ当たり前のことだけど

それが大前提だということを実感。

もちろん

デイトレーダーになるなら別だけど。

お金は稼げるかもしれないが

仕事として面白くなさそう。


そして

買い増しするためにも

余力ギリギリの株を買うべきではない。


昨日までの上昇率だったら

平均購入単価をさげれば

なんとかトントン

あわよくば利益が出るかも

と思ったが

そうは上手くいかなかった。

しかし

値段が下がったので

平均購入単価を下げる

という目標は達成できている。


また

それにより

配当金のことを考えると

金利1%程度になり

銀行に預けるよりは

利率が良くなった。


そのため

含み損を抱えていても

保有する価値は

多少はある。


うーん。

書いて見て

思っていたよりも

つまらない記事になった気がするけど

5年程度のスパンで

株を保有して

この経済状況の影響を確認できたのは

収穫だ。


取り敢えず

リーマンショック以降

日本の経済状況なんかを考えると

これからバブルのようなことは

起こらないと思っていたが

下がったり

上がったり

そしてまた

下がったりしながら

ゆっくりと

右肩下がりになるのかもしれない。

ともかく

日本の負けしろは

まだありそうなので

次に上昇する時のために

下落しても

買い増しすることは

ひとつの方法。


そのためにも

余裕資金が必要だし

そのための仕事が超重要。


あと

自分の身近で

好感のもてる銘柄が

望ましい。


例えば

ずっと

欲しいと思ってた

オリエンタルランド

震災の際

かなり下落したけど

今度の上昇相場で

2倍の額になっている。

皆に喜びを提供し

リピーターの多い企業は

やっぱり強いなと実感。


ホントに

適当な記事だけど

そう思った。