365歩のMarch♪

今の自分にふさわしい未来がやってくる。

ダイエット

f:id:MasaoNagata:20180911072303p:image

 

 

すぐには結果はついてこない。

 

イメージ的には

ダイエットをしても

しばらくプラトーの時期があり

徐々に減り出す感じ。

 

たしかに

7月くらいから

漠然と

意識しだしたけど

これまでの経験上

大きな変化が期待できる程ではなく

やっぱり運動するしかないよなぁ

と思ってた。

 

そう

食事だけで体重を落とす

という考え方は

自分にはなかった。

 

でも

マクロ管理法を始めたところ

スルスルと体重が減ってく感じ。

もちろん週末に筋トレしたことは

多少影響しているだろうが

これまでに経験したことのない

変化の仕方をしていると思う。

 

もちろん波はあるだろう。

最初だからかもしれない。

でも

明らかな変化は

嬉しい。

 

気をつけて食事をしているものの

我慢我慢と思っているわけではなく

好きな物を食べちゃったから

夕飯は少しセーブしよ。

くらいなもので

ライトな取り組みと感じている。

 

これからどうなるか。

楽しみながら経過をみていきたい。

 

 

 

健康な心身とは

人生を充実させるためには

健康な心身を保つことは

必要な要素だ。

 

では

健康な心身を保つためには

何が必要か。

 

  • 適度な運動
  • 充分な睡眠
  • バランスのとれた食事

の3つだと思う。

 

近年

痩せにくくなったことを

実感する。

走ったり

食事制限したり

以前はすぐに体重が減ったが

最近はビクともしない。

 

痩せにくいばかりか

以前にもまして太りやすい。

 

去年は

それを意識し

食事は炭水化物を控え

運動は走ることに重点をおかず

筋トレを取り入れた。

そうしたところ

たしかに痩せた。

 

しかし

去年末に風邪をひいてしまってから

食事はしっかり摂る必要があることを感じ

また寒くてトレーニングに出かけるのが億劫に感じてきた頃から

徐々に体重も戻り始め

今では80kgに届こうかというところまできてしまった。

リバウンドどころではない…。

減らした倍くらい増えてしまった。

 

充実した人生のために

なんてことを考え

健康な心身のためにと

思いを巡らせていたところ

以下の本にであった。

 

 

筋トレビジネスエリートがやっている最強の食べ方

筋トレビジネスエリートがやっている最強の食べ方

 

 

この作者は

前から少し気になっていて

Twitterもフォローはしていた。

あえて狙っている感じではあるものの

あまりにマッチョなので

やや敬遠していたところ

Kindleで安くなっていたので購入。

 

参考になる本でした。

 

闇雲に炭水化物を制限しても

色々無理を感じていたし

体重が落ちると

すぐに風邪をひいてしまうので

どの様な食事の取り方がいいのか

考えていたところだったので

良いタイミングで読めた。

 

マクロ管理法

PFCバランス

 

意識して取り組んでみようと思う。

 

物事を論理的に考えたい。

考えた上で表出したい。

 

理路整然と捉え

表すことができたなら

もう少し生きやすくなるのではないか

そんなことを思って買った本。

 

マンガでわかる! マッキンゼー式ロジカルシンキング (まんがでわかるシリーズ)

マンガでわかる! マッキンゼー式ロジカルシンキング (まんがでわかるシリーズ)

 

本というか漫画だけれど。

 

実はこの本は随分と前から手元にあって

積ん読となっていたものだったけど

ともかく少しずつでも読まねばと

読みやすそうだから手にとった。

内容自体は特別響く感じではなかったが

ちょっと驚いたのは

自分のメンターとも言える先生が

同じくらいのタイミングで

漫画の原作者の本を読んでいて

ほんのりと繋がりを感じないこともない。

 

ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング

ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング

 

 

せっかくの縁と思い読んでみた。

シンプルな内容ですぐに実践できそうだった。

 

けれど

内容云々より

先生でもこうした自己啓発本を読むのかと

やや驚きであり

親近感も湧いてきた。

 

さりとて彼我の差を感じるのは

いろいろ要因があるとは思うが

行動するかしないか

ではなかろうか。

 

 

なんにせよ本を読む

という行動を起こしたことにより

微かなつながりを感じたり

自らを省みることができたり

心動かされるのは確かだ。

 

日々の生活は

得てしてマンネリ化し易いが

変わりばえのない通勤電車内であっても

刺激を受けることができる。

 

改めて本を読むことは

自分にとって必要なことだ。

 

 

充実した人生とは

そもそも充実した人生とは…

と考えた時

自分にとって

  • 不安の無い健康的な心身。
  • 生活に必要な額と、未来への蓄えと、娯楽に費やすことのできる経済的な余裕。
  • 家族、友人、職場の人との良好な関係。
  • 未来への希望を得られ、社会的に貢献でき、自己実現のできる仕事。
  • 生活に追われるだけでは無い、余裕や楽しみを持てる余暇活動。

以上5つが必要なのでは無いかと思う。

では

この5つを満たすためにどの様にするのか。

パパは脳研究者

 

パパは脳研究者 子どもを育てる脳科学

パパは脳研究者 子どもを育てる脳科学

 

 作者の方が好きなのと

娘を育てる参考になればと思い読んだ。

 

作者は

自分の娘のこのような能力を育てたいと

明確なものがあるらしい。

それは下記の三点。

  • 物事の本質や規則を見抜く「理解力」
  • 先を見越して準備する「対処力」
  • 未来の自分に投資する「忍耐力」

 

また記述してあった別のこととして

「ビネー式知能検査」

いわゆるIQテストを開発したビネーは

知能を支える3大要素として

  • 論理力
  • 言語力
  • 熱意

を挙げているとのこと。

 

 

娘にはより多くの能力を駆使して

自らの人生を

明るく

見通しの良いものとして欲しいと思っているが

作者のように

比較的具体的に

「○○力」といった

発想は無かった。

 

本を読んで

考えてみたところ

より多くの人と仲良くなれる力があると良いなとは思う

友達100人とか

友達は多い方がいい

とは思はないが

共感力というか

なんというか・・・。

 

とは言え

一方で

最終的には

自分の人生は

自らの手で切り開くしかないのであれば

相反するようであるが

1人でもたくましく生き抜く力も育って欲しい・・・。

 

ついつい欲張りになってしまい

なかなか的が絞りきれないのが

正直なところ。

もう33週

今年の初めに

抱負を書いていた様だ。

すっかり忘れていた。

自分の人生を

充実させたいと思い

書いたのだが

なかなか現実は…。

そもそも

自分にとって

充実するとは。