読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

365歩のMarch♪

今の自分にふさわしい未来がやってくる。

久しぶりの更新

たわごと

久しぶりのBlog。


また一つの転機。

来年

なんだか外来に移るかも。

職場は変わらない。

事業の拡大と

それに伴う再編。


外来に勤めていた時

物療なんて無くてもいい

なんて思ってた。


でも

今なら

あっても良いかなと思う。


当時

自分のやりたい様に

やらせて貰っていた。


でも

訪問を経た今

相手は何を求めているのか

なんてことを考えると

もしかしたら

求めていたのは

痛みを取ることだけじゃない

かもしれないと思う。


この先もっと悪くならない様に

予防的な意味で来てたのかもしれないし

単純に少しでも元気でいたいから

そんな思いで来てたのかもしれない。


理学療法士として結果を出すこと

それが全ての様に感じていたが

そんな自己満足に

お付き合いして頂いてただけなのかな。

そんな風に思う。


理学療法士としての専門性が

余分な医療費が

病院のサロン化が


なんて事毎を

思っていたりもしたけれど

その一方で

もっと幅をもって

捉えていたって良いんじゃないか。


大上段に構えて

賢そうに振舞っても

加齢という

抗えないものがある。


遍く広く

より多くの方々に

受け入れて貰うためには

自分のやりたいことだけの対応だけでは

よろしくない。


そんな風に思えることが

前の職場を移って

6年経った今

思うこと。


結果の出せる理学療法士

カッコ良い。

でも

人は必ず死を迎える。

その中で

結果に拘ることだけが

良いことなのか。

その人の

暮らし

生活

人生の

ほんのひとときの関わりで

少しでも

良い関係を築くには

どーしたらいいのか。

なんて事を

考えていけたら

もしかしたら良いのではないか。

そっちの方が

より広く

付き合っていけると思う。



思えば

右も左も儘ならず

なんとか独り立ちできる様に

そんなことを思ってたから

焦りもあり

視野が狭くなっていたのだろう。


今だって

余裕がある訳じゃないけど

なんとかなる

なんとかする

なんとかしよう

と思える自分がいる。

だから

多少余裕が出てきたのかも。


とは言え

まだまだ

思い詰めると


言動に

陥りがちだから

この先も

皆様にご指導頂きたく

よろしくお願いしたいと思います。














広告を非表示にする