読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

365歩のMarch♪

今の自分にふさわしい未来がやってくる。

■スマートで気の利いたほめ言葉

部下に褒め言葉を送ったとき、「いえいえ、僕なんて全然……」そんな言葉が返ってくると少し寂しい気がしませんか? せっかく褒め言葉を送っているんだから、もっと素直に喜んで受け取ってほしい。それがあなたの本音でしょう。しかしそういう受け取り下手な人が多いのは事実。ならばこちらが対応を変えるほうがスムーズかも。

では、受け取り下手な人にも受け取ってもらいやすい褒め言葉とは、どんなものでしょうか? ずばり言うと「You are ...」という“相手への評価”の表現でなく、「I think ...」という“自分の感想”の表現を用いること。例えば、「○○してくれるなんて、あなたって優しいよね」という代わりに「○○してくれるあなたの優しさが、僕は身にしみたよ」なんていう言い回しです。

「あなたって○○だね」という言い回しは、相手にとってはなんとなく反論したくもなるもの。相手にとってみれば「お前が決めるなよ」という感じもあります。ですが「私はこう感じました」ということは、変えようのない事実。相手も受け入れやすくなる傾向にあるようです。