365歩のMarch♪

今の自分にふさわしい未来がやってくる。

 整形外科再び




整形外科で

隔週土曜日

働くことにした。



理由は

よく分からないけど

そういう機会を持ちたいと思っていたし

そういう話が

タイミング的に来たので

やってみた。


あとは

訪問リハビリテーション

訪問理学療法ではない

ということを強く感じるから。


以下

だらだらと

特に考えず

私的な意見。


訪問リハで

御宅を回っていると

それは理学療法士の仕事じゃないよなとか

俺じゃなくてもイイんじゃないか

っていう依頼はよくある。


でも一方で

家族やご本人にとっては

重要な要素。

だから

理学療法士としての自分というより

リハビリする人として

しかも

その人が思い描くリハビリを

する人として

立ち振舞う。

それは

そこにニーズがあるなら

訪問する価値はあると

自分は思う。

いろんなご家庭を訪問することは

自分にとっても

発見があり

勉強になり

興味深い。

だから

それが嫌だとか

くだらない

とは自分は思わない。

むしろ

訪問リハビリテーションに携わることは

面白いと思っている。


でも

その一方で

理学療法士

である自分も

意識していたいところがある。

というより

まだまだ足りないのだ。


もちろん

訪問リハビリテーションにおいても

理学療法の必要性を強く感じる方もいる

でも

もう少し

対象を限定して

見てみたい。

そうすることで浮かぶ疑問から

学びへのモチベーションを得たい

そんな気持ちがあったから

働くことにしたんだと思う。

迷惑な話かもしれないが…。


以前働いていたクリニックとは

だいぶ異なるし

思い描いていた感じとは

ちょっと違うけど

いろんなことが学べるといいな。

広告を非表示にする