365歩のMarch♪

今の自分にふさわしい未来がやってくる。

   “Do for Others”



今日の新聞に載っていた。

母校の教育理念だそうである。


知らなかった…。




Do for others what you want them to do for you.




いい言葉だなと思う。




自分が苦しいとき

ホントに助かった

と思わせてくれた人がいる。


その人を見習って

なんとなく

自分も真似をしてみることがある。


ただ

やはり及ばない。


独善的だなと思う。


誰かに

心から喜んで貰えるようなことを

できるような

そんな人になりたいな

なんて

厚かましくも

それ以来思っている。




なんて

そんなことを

つらつらと考えていたら

思ったことが一つ。



自分は仕事の時いつも


「どうしたらこの人は治るのか」


と自問自答していたけれど



「あなたのために私は何ができますか。」



「あなたの役に立てることが私にありますか。」



「どうすれば私はあなたの力になれますか。」



What can I do for you ?



という

対象としての

“あなた”が

望んでいる事を

察することから

問い掛けることから

始めるべきなんだろうな

という

基本的なことを

あらためて思った。

-

広告を非表示にする